• 会員割引
  • 資料請求
  • メール相談

葬儀屋社長奮戦記

2011年10月19日 水曜日

ある時出入りの生花屋さんが、祝いの花輪をやらないかと言ってきた。

ある時出入りの生花屋さんが、祝いの花輪をやらないかと言ってきた。
祝いの花輪というのは、葬式に出す花輪と対照的に赤やピンクの派手な花輪で、よくパチンコ屋さんの新装開店などにだされている。
「実はKパチンコに依然出していた花輪屋さんがあんまり数も出ないし支払いが悪くってかえって手間なので手を引きたいって言ってるんですよ。あんまりいい話ではないんだけど、少しでも仕事になればと思って・・・」
金払いが悪いなんてウチと同じだなって思うとなんだか親近感がわいてきて、取れれば儲けもんだなと思って受けることにした。
そのパチンコ店は5店舗ぐらい経営していてそんなに景気が悪そうには見えなかった。
ウチが担当するのはそのうち3店舗だった。5店舗の中では小さい方の店だったがそれでも一回に5本から10本の注文があった。一回2週間出して1万円だった。
出して片付けて1万円はおいしい仕事だった。
でもそうそう何回も出るものではなかったが・・・
ある日設営したら先に花輪代を支払ってくれて(このパチンコ屋さんは払いがよくて最初に聞いていた話と違って僕は安心した。)5本分5万円(税込み)をいただいて帰ろうとすると、弟が言った。
「お、お兄さん。今日5本で5万円の売り上げでしたよね。」
「ああ、金も先払いで今日はついてるよ」
「ついてるついでに少し売り上げを増やして帰りません?」
「売り上げを増やすって?」
「今日は新台入れ替えですよね、」弟がにやりと笑った。
「パチンコで増やすのか?」
「出ますよ、出しますよ今日は、こっちも花輪だけ出して帰るんじゃ片手落ちですよ。稼げるときに稼がなくっちゃ」
「いつもすってるのに?」
「それは私欲で打つからですよ。今日は会社のため、つまり業務の一環ですよ、1万円だけにしてどうです?」こんなときだけは妙に説得力のある弟の熱意に負けて僕らは一勝負していくことにした。
開店と同時に僕らはそれぞれ目指す台に向かった。
30分後僕と弟はさらに会社のために1万円づつつぎ込んだ。
こんなときは出ないのがパチンコの常で最後の1万円も仲良く5千円づつ打ち込んで開店から1時間後にもうトラックに戻った僕らは溜め息をついた。
「お前に乗せられて結局今日はただ働きになっちまった。」
「もうチョッとで来そうでしたけどねー」
「お前は全然反省してそうもねーな」
「そんなことないですよー」
弟は大して気にもしてない様だったし、弟に釣られた僕も悪かったのでそれ以上何もいえなかった。
僕らはその後も懲りずにパチンコ屋に花輪を出しながら帰りに売り上げた花輪代をおいて帰っていったのだった。


株式会社ベルホール
所在地〒411-0846
静岡県三島市栄町10-49
最寄駅三島広小路駅 徒歩5分
TEL0120-043-444
(代)055-972-6699
FAX055-972-6686
Mailinfo@bellhall.co.jp

お問い合わせ 詳しくはこちら